アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
AC3SL
ブログ紹介
初めてのブログです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
1月10日の課題
<要約> 第T部 メンタルパワーモデル 崩壊しそうな組織は意外と多く、無自覚の組織崩壊は被害が大きいという。できることなら、未然に組織の崩壊を防ぐべきである。そして必要であれば、早めに組織を解体することもやむを得ない場合もある。 組織内に熱量にアナロジーして、メンタルパワーというものを想定する。熱量は一定であるが、組織は定常流的実在であり、不均質であるから、メンタルパワーは不均質かつ、ダイナミックに存在する事になると仮定する。 湧出パワーが無い場合、周囲よりも志が高い組織は、常に破鏡する... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/15 04:20
12月6日の課題
<要約> 今回は知識の記述に関する講義。 知識表現とは、 人工知能のシステムには、解の探索のいろいろの外に、知識ベースがある。 知識ベースを作る際には解の探索がしやすいように作る事が、重要な事である。さらに知識ベースの記述方法には、さまざまなものがあり、ルール(プロダクション)・意味ネットワーク・ユニット表現・フレームなどの方法がある。また、メソドにどの場合にどのフレームを実行するかを記述しておくと自動処理が可能になる。 エレクトリックコマースとは、 エレクトリックマコースの現状は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/01/15 03:41
11月29日の課題
<クイズの解> (3,3,L)   ↓ (2,2,R)   ↓ (3,2,L)   ↓ (3,0,R)   ↓ (3,1,L)   ↓ (1,1,R)   ↓ (2,2,L)   ↓ (0,2,R)   ↓ (0,3,L)   ↓ (0,1,R)   ↓ (0,2,L)   ↓ (0,0,R) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/15 03:22
11月22日の課題
<課題> (1)人工知能とは何か 「人工知能(Artificial Intelligence、AI)」という名前は1956年にダートマス会議でジョン・マッカーシーにより命名された。現在では、記号処理を用いた知能の記述を主体とする情報処理や研究でのアプローチという意味あいでも使われている。日常語としての「人工知能」という呼び名は非常に曖昧なものになっており、ちょっと気の利いた家庭用電気機械器具の制御システムやゲームの思考ルーチンなどがこう呼ばれることもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/06 19:00
11月15日の課題
<個人課題> (1) 誤差は、人には避けられない種類のものである。エラーは、人が避けようと思えば避けられる種類のものである。なお、c言語においては、文法的に正しくても実行時に「例外」と呼ばれるエラーが出る場合もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/12/06 04:05
11月8日の課題
<グループ課題> MPI メッセージ通信のプログラムを記述するために広く使われる「標準」を目指して作られた、メッセージ通信のAPI仕様である。MPIの標準化への取り組みはSupercomputing’92会議、後のMPIフォーラムとして知られることになる委員会が結成され、メッセージ・パッシングの標準を作り始めたことで具体化した。これには主としてアメリカ、ヨーロッパ、の40の組織から60人の人間が関わっており、産官学の研究者、主要な並列計算機ベンダのほとんどが参加した。そしてSupercomp... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/03 14:46
10月25日の課題
<グループ課題> (1) (相互結合網) ネットワーク記述言語で記述されたネットワーク記述ファイル、通信ログ(通信記録)、ならびにルーティング・ライブラリを入力とし、相互結合網をシミュレーションする機能を提供している。シミュレータからは,相互結合網の性能評価における一般的な指標(平均遅延時間)とトレース情報を出力する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/03 14:13
10月18日の課題
<課題> (スーパーコンピュータ) パソコンよりも格段に計算速度が速いものを言う。具体的には100〜500倍程度速いものを指す。時代や会社によってスーパーコンピュータの定義は異なる。 (パイプライン処理) ベルトコンベアのように、処理が完了する前に次の新しい処理を始めることができる論理回路のことで、伝幡遅れを利用している。各段階の処理機構を独立して動作されることにより可能となった。 (ベクトル処理) バケツリレーのように複数個の配列データを少しずつずらしながら同時に演算する。かえるの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/15 14:17
10月11日の課題
<要約> 本日はプロセス制御に関する講義。プロセスとはプログラム実行環境のことを指す。また、プログラムを実行させるために寄せ集める、小さな動作環境と小さなプログラムのセットでもある。具体的には、[Ctrl]キー+[Alt]キー+[Del]キーで「タスクマネージャ」を開き「プロセス」のタグをクリックすると、「プロセス」の一覧が出てくる。 プロセスとは、move命令、算術命令、分岐命令等のインストラクション。初期化データ、非初期化データ等のデータ。ローカルデータ、関数のアーギュメント、関数の戻り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/15 20:40
10月4日の課題
<要約> 本日は入出力制御に関するお話。CPUと情報を交換するノイマン型コンピューターの基本形は、主記憶装置を中心に、補助記憶装置、入力装置、中央装置、出力装置がそれぞれ周りに配置されている。補助記憶装置の種類には、磁気ディスク装置(HD)フロッピーディスク(FD)光磁気ディスク(MO/LD/CD-ROM/CD-R/DVD)磁気テープ(DLT/DAT)メモリカードなどが存在する。以前はボール型マウスが主流だったが、最近はレーザー型マウスが主流になってきている。 デバイスコントローラーとは、各... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/04 19:51
9月27日の課題
<課題1> 1)HTML Hyper Text Markup Languageの略で、Webページを記述するためのマークアップ言語。W3Cが作成している規格。HTMLは文書の論理構造や見栄えなどを記述するために使用される。また、文書の中に画像や音声、動画、他の文書へのハイパーリンクなどを埋め込むこともできる。 HTMLで記述された文書を閲覧するには通常Webブラウザを使用する。しかし、HTML文書はテキスト文書の一種であるため、テキストエディタでHTML文書を開き、タグごとテキスト文書と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/04 19:49
9月20日の課題
グループ課題1 コマンドプロンプトを開き、「ping www.hosei.ac.jp」「Enter」と入力すると133.25.251.23というIPアドレスが出てくる。それをhttp://の後に入力すれば、どちらも「www.hosei.ac.jp」のページにたどり着くことがわかる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/27 10:35
7月5日の講義の要約と感想
〈要約〉 本日の講義は、予兆と展望、ネット共和国についての話 今回も前回同様、飯箸先生が以前作成された資料を元に講義が行われた。まずは最近流行のミクシィについて。ミクシィは2ちゃんねるを超えたと言われている。一応顔の見えないネットの世界でも、安全な単位組織をもつ複合的情報構造空間へのユーザーの移動が行われているからである。不特定多数のユーザーとの交流より、友達の友達ぐらいの方がある程度信用がおけるといった所だろうか。しかし上場したミクシィにも早くも限界が来ているのではないか、といった意見も出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/07 20:21
6月28日の講義の要約と感想
〈要約〉 本日は飯箸先生が以前セミナーで講演された内容についての話 具体的には、成功するWEB店長の条件。最近のは食料品のネット通販が普及し始めているらしく、食品小売業や卸売業の売り上げが低下しているのに対し、食料品のネット通販は急成長で売り上げを伸ばしている。このようにネットビジネスは今注目されているが、注目されている分だけ、競争率も激しい。また新規参入が多いにもかかわらず、成功するのは、大抵最初に始めた大手会社だけという傾向があるとのこと。つまり他の会社と同じ事をしていても儲からないとい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/28 18:28
6月21日の講義の要約と感想
〈要約〉 本日の講義はアルゴリズムについてさらに深く掘り下げていった話。 前回の講義でアルゴリズムの中には、総当り法、正順枝刈り法、逆順枝刈り法、バックトラック法という方法が存在すると学んだが、その詳細について勉強していく。今回は主に流れ図と呼ばれる物を用いて説明が行われた。流れ図とは、ある事がらの始めから終わりまで、図や数式を用いながら、起こりうる全ての状況を想定しつつ、シュミレーションしていくものである。 手順表とPADは、電話をかけるといった単純な行動の手順を文章で表し、解析していく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/28 18:27
6月14日の課題と講義の要約・感想
〈課題〉 バックトラック法より、全部で18種類。 1−2−3−4−5+6+7−8+9+10=11 1−2−3−4+5−6−7+8+9+10=11 1−2−3+4+5+6−7+8+9−10=11 1−2−3+4+5+6+7−8−9+10=11 1−2+3−4+5−6+7+8+9−10=11 1−2+3−4+5+6−7+8−9+10=11 1−2+3+4−5−6+7+8−9+10=11 1−2+3+4−5+6−7−8+9+10=11 1+2−3−4−5+6+7+8+9−10=11... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/25 00:00
6月7日の課題と講義の要約
文字列検索の「単純法」「KMP法」「BM法」の違いについて ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/12 22:39
5月31日の課題・講義の要約と感想
〔練習問題〕 (1) 126 −2 65 −63 64 −64 −125 (2) a) 1001000 01101010 11010010 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/04 19:46
5月24日の講義の要約と感想
[要約] 講義の始めに、先週の内容の復習を兼ねて、10進数に関する問題演習を黒板を使って行いました。 今回はフロントエンドプロセッサについてについての講義でした。フロントエンドプロセッサとは、簡単に言うと文字入力や変換に関係している事柄です。よくフロントエンドプロセッサは漢字入力の時に使うものと思っている方が多いそうですが、それは少し勘違いしているらしく、フロントエンドプロセッサは漢字入力時だけでなく他にもコンピューターの役に立っているとのこと。一般的にフロントエンドプロセッサは、漢字の変換... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/30 20:32
これからもInternetExploreはブラウザの主流になりうるのか
目次 @はじめに A本文 ・現在のブラウザ ・IEの不満 B結論 C参考文献 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/23 23:01

月別リンク

AC3SL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる